いったいどんなもの?開業には絶対に必要な事業資金とその集め方


事業資金とはどのようなものか

事業資金とは、その名の通り事業を開業する際に必要となるお金、あるいは事業を運営するために必要となる資金のことを特に言います。様々な種類に分けることができ、主なものとしては、事業を開業する際に必要となる開業資金、設備資金、運転資金をあげることができます。カフェを開業するのならば、店舗を取得するための資金や内装工事をするための資金が開業資金であり、調理器具やお皿、椅子、机などの購入費用が設備資金、従業員の募集費用や広告宣伝費、原材料の仕入れにかかる費用などが運転資金とすることができます。どの資金がどれに当たるかは明確に分けることは難しいです。

事業資金の調達方法は?

事業資金は降ってわいてくるものではありません。集めるために様々な方法があります。事業資金の第一候補は自己資金です。開業などに向けて働いて集めた資金や売り上げ利益などがそれらに当たります。友人や知人から集めることもできますが、開業資金となると大量の資金を集めることが難しく、融資や助成金、補助金を利用することになるでしょう。融資とは銀行などといった金融機関から資金をもらうことであり、金利がかかり、返済しなければなりません。補助金や助成金とは、国や自治体からの調達方法であり、返済が必要ありませんが、審査基準が厳しいです。

事業資金を集めるために必要なこと

事業資金は何となく集めても無駄になることが多いです。集める際には計画的に集めることが重要となります。まずは、どのくらいの資金が必要なのかを把握し、その使い道を明確にし、事業計画をしっかりと練ることが重要です。

事業を立ち上げるに必要な事業資金を調達するには、銀行など金融機関のほか、公的機関からの補助金・助成金、クラウドファンディングなどがあります。